『デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード』なら100円で1マイル!?

1000円で1マイルや2マイルのクレジットカードが多い中、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは換算すると100円で1マイル貯めることができます。また、公共料金や携帯電話の料金も払えるので、マイルを貯めるにはオススメのクレジットカードです。

年会費 利用限度額 海外旅行保険 国際ブランド
¥22,050 一律の制限なし 最高1億円 DINERS
審査基準 総合的に判断

海外旅行に行くなら『デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード』

通常のクレジットカードが1000円で1マイルか2マイル貯まる中、ANAダイナースクラブカードは換算すると100円で1マイル貯まります

これは、他のクレジットに比べて、超・高還元のクレジットカードです。

日常の買い物・飲食だけでなく、ガソリン代や公共料金や携帯電話などの必要な料金も支払うことで、効率よくマイルを貯められます

また、通常のクレジットカードのポイントには有効期限がありますが、ANAダイナースの『クラブポイント』には有効期限がありません。

だから、ポイントを使わずに好きなだけ貯めて、好きなときにマイルに移行することができます。

マイルは3年が有効期限ですので、マイルを使わないときはポイントのままにしておけば、ポイントを失うこともありません。

だから、マイルを使わずにして失うということがありません。

ここまでは、ANAダイナースクラブカードと同じですが、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは現金で足りないマイルを補って旅行に行くことができるというサービスがあります。

これなら、ある程度のマイルが貯まったら、半額分だけ補って旅行に行くということを繰り返して、格安で何回も旅行に行くことが可能です。

ダイナースクラブカードなら、保険に入らず旅行できる

ダイナースカードには、国内・海外旅行の傷害保険が付いています。

補償金額は最高で1億円ですので、ダイナースカード1枚持っていたら、旅行保険に入る必要がなくなります。

クレジットカードに保険が自動付帯になっているのは珍しいことではないが、嬉しいサービスです。

外国の言葉が話せないけど、海外旅行に行きたい人にもダイナースカードはオススメです。

ダイナースカードの標準装備で、

・旅行先のレストランやホテルの手配を日本語で受け付けてくれる「トラベルアシスタンス」
・急病や怪我のときに相談を日本語でできる「エマージェンシー・アシスタンス」

があります。

この2つがあると、海外を旅行していても安心できます。

おすすめコンテンツ

ゴールドカード一覧

サイト情報